MENU

交通事故示談に関しても有利に進めてくれる

弁護士は話し合いを専門とするため、交通事故の被害者となってしまった際の示談交渉においても頼れる存在です。交通事故の被害者は多くは保険会社と示談を進めることとなりますが、示談交渉は思っている以上に難しいため、思うような慰謝料の獲得ができない場合が多いです。

 

怪我の程度や事故の状況から見て本来であれば多くの慰謝料が獲得できる場合でも、保険会社の言いなりになってしまったばっかりに、得られる慰謝料が大きく減ってしまうケースも多々あります。

 

保険会社はその道のプロとも言えるので、素人相手に支払う慰謝料の金額を少なくするのは難しいことではありません。そうとは知らず、適正な金額だと保険会社の提示した内容で示談を成立させてしまうと、本来は数十倍以上の金額が得られた交通事故であっても、被害者側が獲得できる慰謝料が少なくなってしまうのです。

 

示談で決められる慰謝料は、多くは過去の似た事例から算出することとなります。似た事故の状況を洗い出し、いくらぐらいの慰謝料が支払われたかを確認して金額を算出します。しかし、保険会社が提示する事例は全てと言っていいほど保険会社側が有利になる事例のため、正しい示談交渉を進めるなら被害者側でも事例の洗い出しが必要となります。

 

とは言え、事故で負った怪我の治療もしなければならない中で過去の交通事故の事例を洗い出すのは容易ではありません。そこで頼れるのが弁護士で、特に交通事故に強い弁護士であれば被害者側が有利になる条件で示談を進めてくれるので、慰謝料もしっかりとした金額で獲得ができるようになります。

 

交通事故が多い愛知県などではいつ事故の被害者となってしまうかは分からないので、被害にあってしまったときに慌てないためにも愛知の交通事故に強い弁護士を予め知っておくと安心です。